news | about us | column | items | links

左側のジャケット画像をクリックすると、アマゾンのアイテムページにジャンプします。
また、各文章のあとのマークをクリックすると、YouTubeで視聴できます。


selected by JUDY

クリスマス・ソングの季節がやってきました。 テーマを決めず、聴きたい曲を選んでみたら 今回は50年代〜90年代の、シチュエーションもそれぞれのクリスマスソングになりました。

Carnie & Wendy Wilson / Hey Santa!(1993)
ブライアン・ウィルソンの娘、カーニーとウェンディ姉妹が '93年に初めて制作したクリスマスアルバムのオープニングを飾るオリジナルソング。 父親譲りの美しいハーモニーは、姉妹ならでは。
楽しいクリスマスの始まりにピッタリの1曲です。



Carla Thomas / Gee Whiz It's Christmas(1963)
スタックス・レコード、その飛躍のきっかけとなった『ジー・ウィズ』の大ヒットを飛ばしたカーラ・トーマス。 ヒットにあやかってか?クリスマスソングにも『Gee Whiz』付けちゃってます。 別れた彼にクリスマスだからって口実で、思わず電話しちゃう女心。 ちょっぴり切ないクリスマス。



Jingle Bell Rock / Mary Wells (1982)
初期モータウンの歌姫、大ヒット曲『My Guy』でお馴染みのメリー・ウェルズ。
彼女は当時の黒人女性シンガーには珍しくソフトで優しく歌い上げるタイプ。 実際、ダンスは苦手だったようで、身体をユラユラする程度が限界だったみたいだけど、このジングルベル・ロックはとってもソウルフル。 舞台でダンスしてる彼女が見えるよう。
やっぱりこの曲は弾けてないとツマンナイよね!


Santa Baby / Eartha Kitt (1953)
この曲もガールズ・クリスマスにはかかせない1曲。
初めて聴いたのはお色気たっぷりマドンナのカバーバージョン。 それにならってか、数々のアーチストが吐息多めでカバーしています。 一番お色気度高いのはカイリー・ミノーグ姐さんかも。 本家のアーサ・キット版は適度なお色気でしっとり。 聴き比べてみて〜!

夢見るクリスマス / ザ・ヴィーナス (1981)
大好きな『ペパーミント・ラブ』のB面に収録されていた『夢見るクリスマス』。
雨降りの11月、今はまだ恋人はいないけど、クリスマスまでにはあなたをゲットしちゃうから! サンタクロースはあなたよ。
ってあと1ヶ月ですよ? 大丈夫でしょうか……そんな気持ちで聴いてたあの頃。 恋する10代の無敵さが眩しい1曲です。
(※残念ながらYouTubeでは見つかりませんでした)




selected by オノタカコ

今年もロック度やや高めの選曲になりました。にしても世にはクリスマスソングがたくさんあるのに、このコーナーで紹介したいクリソンはそんなにないというジレンマ。 選んだ5曲は自信を持ってオススメします。

All I Want For Christmas Is You / Charly Bliss (2017)
N.Y.のガレージポップ・バンド、チャーリー・ブリスによる、ご存知マライア・キャリーの名曲のカバー。この曲をカバーする人は多いけど、ロックアレンジは案外ないように思います。バンドの顔でもあるボーカルのエヴァちゃんの可愛い(でも可愛いだけじゃない)歌声が最高に最高です。 (アマゾン限定の配信販売曲です)



We Three Kings / Blondie (2009)
チャーリー・ブリスのゴッドマザー的バンドのクリスマスソングは、『我らはきたりぬ』というクリスマスキャロルを、パンクロックにしちゃったんですね。ブロンディのカバーはどの曲もカッコいいんだけど、やっぱりこの曲もカッコよかった!
にしても、なんでまたこんな寒そうな屋外でPVを撮ったんでしょうか。
(※ブロンディのHPで無料配信していましたが、現在は終了したようです。また、ジャケ画像は公式のものではありません)


Candy Cane Lane / Sia (2017)
シーアのオリジナル・クリスマスソング。シャッフルのリズムに乗って、この冬一番のお気に入り曲です。典型的なポップソングかと思いきや、普通の展開じゃないところがさすが今時のアーチスト。 キャンディケイン・レインというのは、アメリカやカナダにある通りの名前で、その通り沿いの家はクリスマスイルミネーションで派手に飾っているので、観光名所にもなっているとか。 『キャンディケイン通りへ行きましょ。きっと見たことないくらい素敵よ。最高よ』と歌ってます。
(ちなみに、キャンディケインは、ステッキの形をした赤&白の縞々キャンディのことですが、歌詞の後半に『全部食べちゃおう』と締めくくるのでした)


Last Christmas / Taylor Swift (2007)
今年はワムの「ラスト・クリスマス」のカバーを入れたいなーと思って、いくつか聴いたんだけど、テイラーちゃんのバージョンがわたしは好きです。
オリジナルよりちょっとアップめの8ビートで小気味いいですね。(イントロがなんとなくハマショーぽいw)テイラーちゃん、17才の歌声。



Santa Claus Is Coming To Town / The Supremes (1966)
スプリームスのクリスマスソングは、この曲が一番モータウンぽくて好きです。ダイアナの歌声は明るい曲を軽く歌ってるときが一番活きるように思うのだけど、この曲の後半はけっこうフェイクというか表情をつけていて、 以降、だんだん大御所感が出ていくんだろうなーと思いました。
先ごろ発売された2枚組のクリスマスアルバム、プロモVTRになってた「My Favorite Things」のカラオケはカッコよかったものの、どうなのかなあ。 (基本的にデラックスエディションのボートラはいらない派)




©  Girls Bravo! Collection all rights reserved. | contact