news | about us | column | items | links

左側のジャケット画像をクリックすると、アマゾンのアイテムページにジャンプします。
また、各文章のあとのマークをクリックすると、YouTubeで視聴できます。


selected by オノタカコ

今回は全曲、’80年代前半イギリス、そしてカバーばかりの5曲になりました。 ‘80年代はわたしが一番熱心に音楽を聴いていた時代で、とても影響を受けました。ドライブ中にふと流れてきたら、 間違いなくテンション上がる曲ばかりなのです。

Bananarama / No Feelings (1982)
バナナラマと言えばユーロビートの大ヒットカバー曲『Venus』が知られているけれ ど、わたしは『Venus』以前が好き。音楽もだけじゃなく、ファッションも影響されました。 このPVのアウトフィット、クロップ丈のパンツにサスペンダー&チェックシャツだなんて、今着ててもいい感じだし。(ジョーボクサーズやディキシーズみたいね)
さて、バナナラマは他にもヴェルベッツの『Really Saying Something』や、スチームの『 Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye』など、初期はクールでヘンな(略してクルヘン)カバーをたくさんしてるけど、このピストルズのカバーは特にクルヘンです。 ポール・クックは彼女たちをデビュー前から応援してたらしいね。 3人のユニゾンで歌い切っていく、且つ、暑苦しくない、力の抜けた雑な感じがカッコいいのです。

Belle Stars / Iko Iko (1983)
バンド名はギャズ・メイオールが命名したという、‘80年代イギリスのガールバンド代表、ベル・スターズ。なんと女の子8人組なんだよね。 全員がフロントで一直線に並んだこのパフォーマンスは、ブリットガールのカッコ良さの象徴かのよう。(リードVoちゃんはリアーナみたい) ガールズの愛唱歌、ディシー・カップスの 『Iko Iko』のカバーは、実はGO-GO 3の活動初期に、このベル・スターズのアレンジでライブしてました。つまりカバーのカバーなんだけど、こういうケースって意外とあるよね。 ベル・スターズはアイネズ&チャーリー・フォックスの『Mockingbird』のカバーもしていて、そっちも好き!

I Want Candy / Bow Wow Wow (1982)
当時はかなりセンセーショナルでした。14歳のアナベルちゃんのセミヌードがジャケになってたりして。(今だったら児童ポルノ法違反だよね) DJする際はよくかける今聴いても聴いても新鮮なダンスナンバー。とはいえ、オリジナルのストレンジラヴズがめちゃカッコいいのです。ボ・ディドリーが発明した偉大なるジャングル・ビート!
アナベルちゃんは今も活動中で、カトリーナ&ザ・ウェイヴスのカトリーナやハワード・ジョーンズやザ・モーテルズやそんな人たちと ”Back to The 80’s”なツアーをやったりしてるらしいです。盛り上がりそう!


Waterloo / Doctor And The Medics (1986)
ご存知アバのカバー。バックコーラス隊のウェンディとコレットによるリードボーカル曲は、ロイ・ウッド、フューチャリングならではシャッフル・アレンジ。 このキモ可愛い雰囲気とヘタウマなダンスはGO-GO 3結成時の参考にもなりました。
ちなみに、バナナラマもドクター&ザ・メディックスよりもだいぶあとに(1998)カバーしてるけど、あまり新鮮味はないですね。


Hungry For Love / The Revillos (1980)
みんな大好きレヴィロス!の中で、わたしはこの曲がNo.1。あー、もうこのバカっぽさ最高でしょ、の原曲はジョニー・キッド&ザ・パイレーツ。 オリジナル よりもグッド・ソングに聴こえる素晴らしいカバー。女の子たちはグリッター。 キッド・クルーパ君の狂ったギター。でもどことなく切なくも聴こえる夏のビター。(ヘタなライムでスミマセン)


selected by JUDY

青い空に白い雲。楽しい目的地に向かってドライブすれば、閉め切った涼しい車内でSing Along! 暑さなんて気にしない、そんな5曲を選んでみました。

I Want You To Be My Baby / Ellie Greenwich (1967)
この曲を聴きながらドライブするなら、 フォード マスタング コブラII(チャーリーズ・エンジェルでファラ・フォーセットが乗ってるやつ!)がピッタリだなぁ。
エリーとのコール&レスポンスを楽しみたい曲。あと、シャウトもね。
エリーのエピソードで大好きなのは、初めてレコーディングした時(エリー・ゲイ名義で)、通っていた大学の教授に「ポピュラーソングなんてやっているのか?」とバカにされ、ブチ切れて他の大学に移ったという話! 彼女のガッツィーな歌声は、こういうところから来てるのよ。きっと。


Vacation / Go-Go′s (1982) (1982)
中学生のとき、初めて見たベリンダの可愛らしさにノックアウト(雑誌『mc Sister』に載っていたの)されました。
この時期になると聴きたくなるGo-Go′s。 一生懸命覚えて歌った『Vacation』。そういえば、車中で歌ったことがないから、是非今年は歌ってみたい!
この頃のベリンダの無造作ポンパ&ポニーテールに憧れたなぁ。


Ginny Zee - Bobby Baby (1962)
ティーンポップスの王道、彼の名前を連呼です。
B-O-B-B-Y!
ボビーやニッキー、トミーやジョニーだから良いのです。日本人の名前だと、気分出ないしね。
歌ってるジニーちゃんについては全く知りません。もしや『変名であの娘が歌ってんの?』的なエピソードがあったらいいなぁ。


Hairspray / Rachel Sweet (1988)
ワタシが世界で一番好きな映画『Hairspray』のオープニング曲!イントロの台詞はエンジェルス風、 最後はロニーたんばりのウォッウォッウォッウォッオ〜♪と、60′sガールズポップス好きには堪らないエキス満載なの。レイチェルの声大好き!
PV、今はMVっての?も最高〜。助手席で大騒ぎして途中下車させられないようにしないとね。



The Surfer Moon / Bob&Sheri (1961)
さぁ、日も暮れて涼やかな風が気持ち良くなってきた所で聴きた〜い。 R134の海沿いで(場所指定)。
ブライアン・ウィルソンのルームメイトだったボブ・ノーバーグと彼の彼女だったチェリル・ポロメイがレコーディングしたそう。 ビーチボーイズ周辺は、彼女に歌わせちゃうパターンね!ハニーズ然り。羨ましいw




©  Girls Bravo! Collection all rights reserved. | contact